TOTTO BLOG.

カメラと写真の初心者向けの基礎知識やクリエイティブな事を綴るブログ。TOTTO BLOG.(トットーブログ)。写真とっとーと?とっとーよ。がテーマ。

ISO感度(いそかんど)ってなに!?カメラの基礎知識

f:id:peggy_tayama:20190821082452j:plain

こんにちは。カメラを始めるときに、よくわかんなくなる用語についてまとめとこう!企画の第3弾の「ISO感度(いそかんど)」について書いとこうかなと思います。

ISO感度(いそかんど)ってなに!?カメラの基礎知識

3文字のローマ字になると途端に頭に入ってこなくる私です(笑)ISOについては、略す前とか意識せずに、丸暗記しようと思います。

ISO感度の前に、今までやってきた絞りとシャッタースピードについてはこちら

第1弾、『絞り(F値)ってなに?』はこちら

第2弾、『カメラのシャッタースピードってなに!?』はこちら

第3弾、『カメラのISO感度(イソかんど)』はこの記事です。

 

そもそもISO感度とは

第一弾、第二弾でカメラは、絞り(F値)とシャッタースピードで光の量を調整して、適切な明るさにして撮影すると説明してきました。ただ、撮影する環境によって、絞り(F値)やシャッタースピードだけではどうにもできない状況に置かれるときがあるのです。

 

例えば、暗くなってきて、絞りは開放にしたけど、シャッタースピードをこれ以上遅くするとブレてしまう。という時。そんな時に助けてくれるのが、ISO感度(いそかんど)です。

 

ISO感度(いそかんど)は、カメラに入ってくる光を増幅してくれる機能なので、ISO 100からISO 200にすると感度が2倍高くなり、ISO 100の時に比べて光の量が2倍になり明るくぶれない写真を撮ることができます。なので、ISO 200、ISO 400、ISO 800、ISO 1600、ISO 3200と上げていけば感度が上がり、光が少ない場所でもシャッター速度を速くすることができるようになるのです。

 

暗い場所でのブレや運動やスポーツの写真のブレなども想定して、設定を調整することがすることができます。ただ、光を増幅させるので、写真にノイズやざらつきが増えたり、写真のシャープさが失われたりする場合があります。

 

たとえるなら、ドラゴンボール界王拳のイメージ

今のままでは、勝てない(撮影できない)場合でも、多少むりをして界王拳を使うと勝てるのですが、その分、体力の消耗(ノイズ、ざらつき)が激しく、反動がすごいという諸刃の刃なのです。

 

ただ、界王拳もどこまでであれば、無理のない範囲なのか知るのは重要です.。最終的に、常にサイヤ人でもOKだったりするので。

 

ISO感度によってノイズやザラつきについて

ISO感度で言うとセンサーのサイズによって多少変わります。センサーサイズは、1型、マイクロフォーサーズAPS-C、フルサイズと大きくなっていきますが、大きいほど、ISO感度をあげても、ノイズが出にくくなるので、自分の持っているカメラで試してみるのがいいと思います。

 

個人的には、ISO 800くらいまでは、どれも大丈夫なイメージです。APS-CだとISO 3200くらいかなと。

 

ただ、暗い所などブレてしまうところでは、躊躇しないで上げるのがいいと思います。ブレたり暗くて後で残念になるよりは、すこしくらいノイズがっても、写真が撮れている方があとで楽しいと思うので!

 

【カメラの基本をまとめたシリーズ】

第一弾『 絞り(F値)について』カメラの基礎知識 

https://www.tottooo.com/entry/2019/09/06/075739

第二弾『シャッタースピードってなに!?カメラの基礎知識 

https://www.tottooo.com/entry/2019/09/13/070317

■はじめてのカメラ選びで迷う『一眼レフとミラーレスの違い』カメラの基礎知識

https://www.tottooo.com/entry/2019/08/28/080823

■『無料の Lightroomアプリでの画像加工、写真編集がすごい』カメラの基礎知識

https://www.tottooo.com/entry/2019/09/01/093315