TOTTO BLOG.

カメラと写真の初心者向けの基礎知識やクリエイティブな事を綴るブログ。TOTTO BLOG.(トットーブログ)。写真とっとーと?とっとーよ。がテーマ。

画像加工、写真編集『無料』アプリ紹介!カメラでもiPhoneでも簡単、素敵な写真に【Lightroom編】

自分の写真とこの超絶上手な人の写真の差って何なんだろう。。。とか思ったことありませんか?

僕は結構思う事があるんですが、そのたびに機材の差!?センス!?タイミング!?撮影テクニック!?とかとか考えたりして。最終的にいろんなものの積み重ねで超絶な感じになるんだろうなーと、まさにクオリティは細部に宿る。神だったけ。と納得するんですが、、、最近思ったんです。

「画像加工、写真編集を頑張れば、ちょっと近づけるのでは!?」なんて。

僕もまだまだなのですが、昔、仕事で写真家の人に聞いた言葉を思い出しので、忘れないように書いておこうと思います。

なので今日は、

Lightroom(ライトルーム)アプリ(無料)を使って、カメラでもiPhoneでも簡単に素敵な写真に画像加工、写真編集しよう!

って感じです。

ちなみに昔、仕事で写真家の人に聞いた言葉は、長くなるので最後に紹介します。

目次

Lightroomについて

・操作と機能説明

・加工してみた結果

・写真家の人に聞いた言葉

 

Lightroomについて

画像加工、編集ソフト、アプリは、有名なところだけでもなど山ほどありますが、adobe Photoshop Lightroomはプロも使っている、写真の編集、加工や現像、管理、共有できるソフトなのです。具体的には動画の感じ。うそーと思うかもですが、できちゃうんです。なぜなら、adobeは、写真だけでなく動画も紙もWEBも、大体どの分野のプロのクリエイターも使っているクリエイティブツールのメーカーなのです。クリエイティブツールといえば、adobeなのです。


【TRY! その写真を特別な一枚に】Adobe Photoshop Lightroom

そんなプロが使うツールを無料でつかえるの?と思うと思いますが、厳密にいうと、

・無料版 Lightroomモバイル版アプリ(iosandroid

・月額980円の有料版 Lightroomプラン


の2つがあります。違いは『一部の機能が使えない』のですが、僕自身、無料版で十分だと思っています。むしろ有料版は機能が多すぎで使いこなせる気がしないという(笑)機能について詳しくは次で書きますね。その他セットなどもありますが、詳しくはこちらをご覧ください

 

操作と機能説明

今回は過去の記事の写真をベースに書きます。

www.tottooo.com

それでは、まずこちらからアプリをダウンロードして起動します。

無料 Lightroomモバイル版アプリ ios

apps.apple.com

無料 Lightroomモバイル版アプリ android

play.google.com

 

起動するとこんな画面になります。今は僕のが出ていますが、最初は何にもない状態です。なんか自分のフォルダが丸見えで恥ずかしい。

Lightroom

写真をLightroomに読み込むには、四角で囲っているアイコンをタップするとカメラロールから写真を選び読み込むことができます。

Lightroom

こんな感じです。そして画面下の機能で説明です。 

Lightroom

部分補正

調整したい部分を指でなぞって選択し、その部分だけ補正することができます。有料版の機能になります。

修復

写真からいらないものを削除することができます。ホコリとかゴミとか、見切れたものも削除できます。削除した部分は背景と同じように自動で合成してくれるすごい機能です。こちらも有料版の機能です。

切り抜き

角度の調整やトリミングする機能です。ちなみに僕は1番最初にここを調整します。

プロファイル

お気に入り、Adobe Raw、カメラマッチング、アーティスティック、ビンテージ、モダン、白黒のプロファイルがあるので色調を変えてくれる便利な機能です。

 自動

アプリが自動で色調補正をしてくれる機能です。ベーシックな感じにしてくれます。1回試してみてもいいかも。

ライト

写真の明るさを調整項目です。写真補正をするうえでここを使わないのではというメイン機能の1つです。

Lightroom

・露光量:写真全体の明るさを調整します。
コントラスト:明るいカラーと暗いカラーの差です。コントラストが高くなるほど全体的に色が上がり、引き締まった写真になります。
・ハイライト:写真の明るい部分の明るさを調整します。ハイライトを下げると光源が抑えられ、白飛びを低減できます。
・シャドウ:シャドウはハイライトの逆で、黒潰れしているところを調整できます。
・白レベル:写真の白色点を調整します。ハイライトの強力版です。
・黒レベル:写真の黒色点を調整します。シャドウの強力版です。
・カーブ(トーンカーブ):トーンカーブは明るさ、コントラスト、色調、を調整することがでます。

カラー

写真の色合いや鮮やかさを調整できる部分です。

Lightroom

色温度:写真の色味を寒色系⇆暖色系に調整することができます。下げると全体的に青みが増し、上げると赤みが増します。
・色かぶり補正:写真全体に緑色や紫色など特定の色味がかかった状態を解消できます。
・自然な彩度:彩度が高い部分は抑えつつ、彩度の低いところのみを調節できます。不自然な色味になるのを防止できます。
・彩度:写真全体の彩度を均一に調節します。
・B&W:写真をモノクロにして細かく調整することができます。
・混合:写真に含まれる色を自由に調整することができます。
・WB:基準になる白の温度をシーンに合わせて(曇天や日陰など)設定することができます。

効果

効果は明瞭度や周辺光量、明暗別の補正などが行える機能で、写真にメリハリをつけたりすることができます。

Lightroom

・明瞭度:被りのある被写体の輪郭(境界線、エッジ)などを柔らかくしたり、逆に鮮明な写真に仕上げることができます。
・かすみの除去:効果の中で1番優れた機能といっても過言ではないのがこのかすみの除去です。写真を撮っていてモヤモヤと霞んでしまった経験があるかと思います。このモヤモヤなどをくっきりとした写真に変えてくれる機能です。
・周辺光量補正:暗くなってしまった写真の四隅を均等な明るさにすることができます。
・中心点:値が小さいほど適用量の調整が四隅から離れた広い領域に適用され、値が大きいほど四隅に近い領域に限定されます。
・ぼかし:値が小さいほど周辺光量補正された部分と周辺ピクセルとの差が大きくなり、値が大きいほど穏やかに変化します。
・丸み:値が小さいほど周辺光量補正効果がより楕円的に適用され、値が大きいほど真円的に適用されます。
・ハイライト:コントラストを保持したままハイライトの度合いを調整します。ハイライト領域が小さい写真に適した機能です。

ディティー

被写体の境界線やピンボケした箇所を補正する機能です。写真をシャープにして、エッジの鮮明度を強めてディテールを際立たせたり、写真のノイズを除去できます。

・シャープ:明瞭度は写真の輪郭(境界線、エッジ)などを柔らかくしたり逆に硬くパキッとしたような写真にすることができます。
半径(シャープ):シャープを適応するディティール(エッジ)の細かさを変更することができます。
・ディティール(シャープ):写真のディティール(エッジ)をどれだけ強調させるかの設定です。数値が上がるほどはっきりし、下がるほどピンボケが軽減されます。
・マスク(シャープ):マスクはシャープをどれだけ適応するかの値です。
・ノイズ軽減:高感度で写真を撮影するとノイズが多くなってしまいます。そのノイズを軽減することができます。
・ディティール(ノイズ軽減):シャープのディテールと同じで、どれだけエッジを強調するかの設定になります。数値が大きいほどノイズを軽減しはっきりした写真になり、数値が小さいとふんわりとした写真になります。
コントラスト(ノイズ軽減):ノイズを軽減しつつ、コントラストを高くすることができます。
偽色の軽減:写真にできる偽色を軽減することができます。偽色とは写真に存在しない色で、撮影時にエッジに現れる偽りの色です。
・ディティール(偽色の軽減):補正した偽色のディテールをどれだけ強調するか設定できます。
・滑らかさ(偽色の軽減):補正した偽色の滑らかさを変更できます。

ジオメトリ

遠近法の修正と調整ができるのがジオメトリです。間延びしてしまった写真などを簡単に修正することができます。こちらは有料版へアップグレードすると使える機能です。

レンズ

レンズの周辺減光や歪みをレンズのプロファイルを元にある程度の補正を行ってくれる機能です。

プリセット

購入したり自作したLightroomのプリセットを使うことのできる機能です。プリセットとは、ハイライトやシャドウなどの数値を保存したもので、保存した効果をそのまま写真に反映することができます。

前の設定

前回の編集した設定をそのまま反映させることができます。同一設定の写真を複数編集するのに便利な機能です。

初期化

写真を完全に最初の状態に戻すことができます。

 

加工してみた結果

こんな感じになりました!だいぶ印象が変わったんじゃないでしょうか。鮮やかになったかなと。

Lightroom
Lightroom
Before → After

インスタグラムやLINEなどのアプリで使いたい場合も共有ボタンから連携できます。

Lightroom

写真家の人に聞いた言葉

遅くなりましたが、昔、仕事で写真家の人に聞いた言葉を紹介します。画像加工、写真編集は、

『素材のポテンシャルを磨き研ぎ澄ます工程』

と言ってました。

その方は、ファッション業界の方だったんですが、撮影前に、この服はここがカッコいい(シズルポイント)から、シチュエーションはあんな感じで、モデルはあの子で、ライティングはこんな感じにしよう。と決めて撮影に臨み。撮影でプラスαアイディアを乗せる。そうして撮ったキメキメのカッコいい写真を、さらに洋服のカッコいいポイントを際立つように磨く(編集する)との事でした。

なんか分かりづらくなりましたが、まとめると、

・カッコいい(シズルポイント)と思ったところは、かっこよく撮る、かっこよく加工、編集する。いつもどうするとカッコよくなるか考える。

・あと、画像加工、写真加工で調整するから撮影はほどほどで。ではなく。撮影前~撮影終了まで、全力でやらないとポテンシャルの低い写真になって編集でもどうにもならない。

との事でした。1つ目は昔、高木正勝も言っていたような気がするな。。。

 まあ、上でさんざん加工の話をしてきましたが、加工に頼らず、常にベストを尽くそう!ってことで。

今日はおしまい!

長文読んでいただきご苦労様です!